【マインクラフト築城記】日本の城・縄張りと石垣の作り方(本丸編①)

マインクラフトで日本の城を作ろう!ってことで少しずつお城を作ってます。
前回の記事では天守閣を作りましたが、今回は石垣と堀の工事をやろうと思います!

城といえば堀、城といえば石垣です!
これが無けりゃお城とは言えませんからねー(*^^*)

とくに日本の城は石垣と堀が城そのものと言ってもいいくらいです。

それでは、今回はお城の「本丸」の石垣と堀の工事にとりかかっていきましょー!

縄張りを決める

縄張りとは、お城の堀と石垣の形を決める平面図のことです。

こういうやつのことです。

これは土浦城の縄張り図です。
こういったものをマインクラフト上で描いていくわけですね。

今回は本丸の工事なので、本丸の石垣の縄張りを決めるために黄色いブロックで線を引いていきます。
こんな感じに。

たまに上空から全体の形や広さを確認しつつ、縄張りを作っていきます。

一通り「本丸」の縄張りを終えたところ。こんな感じです(*^^*)
前回作った天守閣を本丸の西北に配置する縄張りとしました。

堀に関しては元からある川を活かしつつ造成しようと思っているので、
ところどころ川に接した配置にしています。

本丸を二段構えにする

お城というものは、そもそも防衛施設であります。
お城の石垣は城の防御力を左右するほど大切なもので、ただ積めばいいというものではありません。

ジグザグに縄張りを張ったり、二段、三段と段を重ねることでより複雑で防御に優れたお城となります。

このお城も、本丸石垣は二段構えにしようと思っているので、黄色で引いた縄張りの内側に今度は赤いブロックで二段目の縄張りを引いていきます。

二段目の縄張りを終えたところ。
二段目は元からある小高い地形を囲むような縄張りとしました。

石垣を積む

二段目の縄張りができたら、次は二段目の石垣工事ですねー。
丸石ブロックを積み上げて石垣っぽくしていきます。


こんな感じに、さっき引いた縄張り線の外側に石垣を積んでいきます。


二段目なのである程度の高さまで石垣を積んでいきます。
ひたすら積み上げまくりますw

二段目の石垣工事が終わったら、一段目の石垣にとりかかりたいところですが、
一段目の石垣の外側は堀になるので、堀の開削工事を先にやることにします。

ということで、次回は本格的に堀の工事を進めていきます!
堀ができると、いよいよ日本の城らしくなってきますよー♪

次回以降もおたのしみに!(*^^*)