MySQL5.7をCentOS7にインストールして初期設定をする。

今回、新しくセッティングしたCentOS7のサーバーにMySQL5.7をyumでインストールしました。
そのときの手順を軽くまとめておきます。
インストールから初期設定の手順までをここに記しておきます。

【1】MySQL5.7をCentOS7にインストールする。

【1-1】MariaDBを削除する。

CentOS7にはデフォルトでMariaDBというデータベースが入っています。
MySQLをインストールすると、これと競合するのでまずは削除します。
$ sudo yum remove mariadb-libs
$ sudo rm -rf /var/lib/mysql

【1-2】MySQLのリポジトリを追加

MySQL公式のリポジトリを追加します。

もしこういうメッセージが出たらキャッシュをクリアする

このコードでキャッシュクリアできます。

【1-3】MySQLをインストールする。

リポジトリを追加したら下記コードを実行します。

【1-4】インストール確認

正常にインストールできているかどうか確認します。
MySQLのバージョンが表示されたらOKです。

【2】MySQLの初期設定をする。

【2-1】サーバー起動時にMySQLを起動

MySQLをインストールしたら、最低限の初期設定をやっておきます。
まずはサーバー起動時に自動的にMySQLが立ち上がるよう設定しておきます。

【2-2】MySQLを起動する。

下記コードでMySQLを起動します。

【2-3】rootパスワードを初期設定から変更する。

初期設定のrootパスワードはログファイルに記述されます。
そのままではセキュリティ上問題があるので、rootパスワードを変更します。

まずはログファイルを見て初期パスワードを確認します。
ログファイルは次の場所に保存されています。

ログファイルを開くと、このような一文があります。
この場合は「lNMg;#B/f6Y」がrootパスワードです。

次のコードを入力すると、パスワードを変更できます。
新しいパスワードには、記号と大小アルファベットをそれぞれ1文字は含めるようにします。

【2-4】MySQLの設定ファイルを編集

文字コードを変更し、パスワードの有効期限を無期限にします。
設定ファイルは下記の場所に保存されています。

設定ファイルを開いたら、[mysqld]の部分に以下を追記します。

【2-5】rootでMySQLにログイン

MySQLにログインして確認します。
下記コードを入力するとパスワードを聞かれますので、変更後のパスワードを入力してください。
MySQLのシェルが起動すればOKです。