Virtualenvを使ったPythonの仮想環境の作り方

Pythonでウェブアプリを開発する際、ライブラリ管理などの関係で仮想環境を構築してから作業に取り掛かるほうがよい。
そのときに活躍するのがvirtualenvというライブラリだ。

まずはインストールしてみる。
pipが入っていればこの一行だけでOK。

Python3なら最初からpipが入っているので、難なくインストールできるはず。
CentOSなどでは最初に入っているのがPython2なので、その場合はpipのインストールからやったほうがいい。

virtualenvの使い方。

最初に仮想環境を置くディレクトリを作る。

作ったディレクトリに仮想環境をインストールする。

仮想環境を起動する方法。

インストールした仮想環境を起動するには、まず仮想環境をインストールしたディレクトリに移動します。
そして、このコマンドを実行してください。

すると、コンソールの表示がこういう感じになる。

使っているシェルソフトなどによって表示は違うけど、
コンソールの頭に(ディレクトリ名)が表示されていれば起動オッケーです。

この状態でpipなどを使って、開発に必要なライブラリをインストールするのがいいです。

仮想環境を終了する。

仮想環境を終了するには、以下のコマンドを実行します。

これでコンソールから(ディレクトリ名)が外れて、仮想環境を終了できます。